RECYCKING

不用品回収業者を探す方法を紹介|見積もりや口コミを参考にしよう

もし船が不要になったら

解体は専門の業者へ

財布

漁業を営んでいる方、船を使用した観光業を営んでいる方、また趣味として個人で船を所有している方など、色々な方が舟を所有されています。不要になった船は、どのように処分すればよいか知っていますか。使われていない船をそのまま放置すると船体の劣化により、中の油が海に流れ出すなど環境に悪い影響を与えてしまうこともあります。そもそも処理する際に、船を指定された場所に自分で運ばなければいけない場合もありますので、船がきちんと動くうちに処分を検討しましょう。FRP船の廃船時には再資源化も義務化されていますので、船舶解体はぜひ専門業者に依頼しましょう。次に、一般的な船舶解体の流れを説明します。まずは、業者に相談し船舶解体の見積もりをお願いします。見積もりに納得できれば正式に申し込みをします。その後、クレーン等で廃船を陸揚げして解体工場へ運びます。船内を洗浄して、残っている油を処理した後、リサイクルできるものがあれば納入規格に合わせて取り出しておきます。木、FRP、発砲ウレタン等に分別し、FRPは、処理した後セメント工場へ輸送します。ここまでで実際の船舶解体は終了です。ちなみにFRPというのは、小型船舶の原材料の主流になっているものです。強度が高い分処理の際の破砕には手間がかかると言われています。最後に、船舶の所有手続き抹消等の法的手続きがあります。多くの場合、解体業者が代行してくれたり、お手伝いしてくれますので心配ありません。ご不明点については正式な申し込み前の見積もり時に確認しておくとよいでしょう。

比較サイトを活用しよう

粗大ゴミ

老朽化した漁船や使わなくなったボートなどを、そのまま港に放置しておくとさまざまな費用がかかり、その負担は船を所有しているかぎり発生します。そこで、所有している船を船舶解体すればいいのですが、依頼する業者を選ぶのに苦労することが多いです。理由は、船舶解体にかかる費用は意外と高く、また相場がわかりにくいので業者の言い値になってしまうことが多いからです。船舶解体の相場がわかれば、適性な価格で船舶解体をしているのかどうかがわかり、業者選びも楽になります。しかし、この相場を掴むのは難しく、またどの業者にでも依頼できる解体ではない点も船舶解体の業者選びの難しさです。業者選びに困ったら、さまざまな船舶解体を行っている業者から見積もりを取れる一括見積もりサイトを活用しましょう。一括見積もりサイトでは、複数の業者から見積もりを取れるので費用が適性かどうかがわかります。また、一括見積もりサイトに登録されている業者は、あらかじめサイトのほうで一定の基準をクリアした業者ばかりを選んで登録しているので安心です。依頼した船を不法投棄されたり、雑な解体で環境破壊や環境汚染を招く心配はないでしょう。何より、比較が難しい船舶解体にかかる費用を比較できる点は大きな魅力ですし、安心できる点です。船舶解体の見積もりを比較する際の注意点としては、一式いくらと大雑把な見積もりしか出さない業者はあとから見積もり以上の金額を請求されやすいので、細かい明細を出す業者のほうを選ぶといいでしょう。

解体から処分まで

船

漁船などの小さな船から大きな船舶まで、不要になって処分をする際には船舶解体を使うのが良いでしょう。船舶解体ではまず解体する船をクレーンあるいはウインチで陸揚げします。その後金属部品やFPRの部品をどんどん解体していき、リサイクルできるものはリサイクルし、廃棄処分しなければならないものは解体業者側で引き取ってもらえます。船舶解体を海外に任せるという方も多いですが、国内の解体業者ならば地球環境に考慮した方法で解体をしてくれます。計器などの再利用できるパーツについては解体業者が活路を見出してくれるので、売却先を考える必要はありません。船舶解体では様々な重機を使って行い、陸上に引き上げられた船体を責任を持って解体してくれます。船体内にあるアスベストやフロンなどの有害物質の除去はもちろんのこと、残存している燃料やバッテリーにスラッジの処理についても、すべて船舶解体に任せられます。解体する船の曳航や小型船舶の解体証明などについても、顧客側が希望する場合には、もらうことができるので、書類が必要な場合には事前に申告することが大事です。船舶の解体というのは船の大きさごとで料金が変わりますが、産業廃棄物の処理からリサイクル品のリサイクルまで、すべてを引き受けてくれる船舶解体を選びましょう。船舶解体業者は大型船から小型船まで問わず受け付けているところもあれば、小型船や漁船専門のところがあるので、解体する船の大きさに合わせて業者選びするのが一番です。

専門性も判断して利用する

船

神奈川県のリサイクルショップを利用する際には、品物や用途によって、店舗を使い分ける事も賢い利用の仕方です。専門的な鑑定が必要な品物もありますので、利用者の納得に繋がる様に、リサイクルショップを選定する事が大切になります。

View Detail

遺品整理をしよう

作業員

遺品整理は自分でやるより不用品回収業者に任せた方が便利です。不用品回収業者であれば短時間で作業してくれるので、自分でやるより手間がかかりません。豊中で不用品回収業者を探す時は、サポート体制のしっかりした業者を選びましょう。

View Detail

もし船が不要になったら

財布

海の近くで生活している方にとって、漁業や観光や趣味などに使用する船は生活に欠かせないものです。船が不要になったときには船舶解体業者にお願いして適切に処理してもらいましょう。まずは見積もりを取り、納得できたら正式に申し込みをします。

View Detail